なぜ9割の人が負けているのか!?

 - 序章 –

 

スタート地点に立つ

大切なことを書きますね。
これからFXをはじめようと考えている皆さま。
資金管理はテクニカルよりも先に学ぶ必要があります。
そして資金管理というスキルは一度身につければ失うこともありませんし、
繰り返し学ぶ必要もありません。
これから真剣に学ぶか学ばないかの差は、あまりにも大きいでしょう。

現在地を確認する

また、すでにFXトレードをしている方にも言えることです。
まず現在地の確認をしましょう!
「あなたはFXの仕組みや取引ルール、リスクについて正しく認識していますか?」
「資金管理に基づいた行動をしていますか?」
「あなたの資金管理、ほんとうに大丈夫ですか?」

本当のリスクを知る

今ではどなたでも簡単にFX口座を開設することができるようになりました。
口座開設キャンペーンなんかもよく見かけますしね。
そして口座を開設するとすぐにエントリーしたくなるものです。
プライスボードの「BUY」「SELL」ボタンをクリックするとすぐに簡単にエントリーできてしまいますね。
多くの場合、口座開設し、証拠金の入金を終えると、準備が整ったと勘違いしてしまい、
すぐにエントリーしてしまうものですね。
それはスタート地点に立ったつもりでも、本来のスタート地点をスキップしていることになります。
無知ではじめることはリスクです。
資金管理はおろか、FXの仕組み、取引ルール、オペレーション方法までも理解しないままはじめることが
本当のリスクであり、はじめる前から負けている状態といえるのです。

わからないままにしない

取引ルール、オペレーション方法、リスク、
資金管理がわからないままはじめるということはどういうことでしょうか?
素人がプロボクサー相手にリングに上がることと同じことです。
素人がF1サーキットでレースに挑むことと同じことです。
奇跡的にプロに勝つこともあるかもしれません。
しかしながらルールを知らずに勝ち続けることは困難だと考えます。
トレードは繰り返すものです。
はじめる前に必要な知識を身につけましょう。

プロと同じ土俵に立つ

トレードを始めるということはどういうことでしょうか?
トレードの世界にはプロもアマもありません。
市場参加者の中には機関投資家、ヘッジファンド、インターバンク等の
プロ集団がひしめき合っています。
個人投資家の中でも、大口投資家や専業トレーダーから兼業トレーダー、
主婦トレーダーまで様々ですね。
もしあなたが何の知識も身につけずにトレードを始めるとなると、
どうなるかは一目瞭然でしょう。
獣がうごめく檻の中に身を投じることと同じことですね。

どんな世界でも、真剣に取り組み、確かな知識を身につけ、訓練し、スキルを身につけた人がプロになれるのです。

プロほどしっかり学びます。
プロほど訓練します。
プロほど真剣に取り組みます。

スポーツや勝負事などでは年齢や性別、体重などの階級別に分けられることが多いですが、
FXでは参加者が皆、同じ土俵に立つこととなります。そこに手加減や容赦などありません。

一方では平等だという見方もできます。
それは私たちもプロと同じように稼ぐことができるということです。
しかしそれは、必要十分な資金管理スキルを身につけることが前提です。

テクニカルではなく資金管理を変える

これまでトレードをされてきた方で、思うように利益を上げられずにいる方へ。
テクニカルのせいにしていませんか?
「このテクニカル分析は使えない!」「ダマシにあった!」というように、
まるで自分には責任は一切ないと言わんばかりに。
そしてまた次なるテクニカルを求めて「聖杯」探しの旅に・・・。
こんな経験はありませんでしょうか?
この機会に一度ご自身の資金管理について点検し、見直してみてはいかがでしょうか?
きっと多くの方が、問題なのはテクニカルではなく、資金管理だったということに気づくことでしょう。