よくある質問


よくある質問(全カテゴリ)

・購入方法
公式ダウンロード販売サイトからの購入になります。

ダウンロード方法

購入後すぐに、入力していただいたメールアドレスにダウンロードリンクが届きます。そちらからダウンロードしてお使いください。
スマートフォンではファイルの保存ができないため、必ずPCでお願いします。

インストール方法(インジゲーター)

インストール方法(スクリプト)

FX資金管理オーダースクリプトについて

動作環境

・円建口座が対象(ドル建、ユーロ建口座では正しく計算されません)
・FX口座が対象(仮想通貨、株式、商品、CFDではお使いになれません)
・ロット計算に必要なクロス円レートが気配値表示されていること
(例:USD/TRYでエントリーする場合、TRY/JPYのレートが気配値表示されている必要があります。)
・証券会社サーバによってはEAの使用制限がある場合があります。
(例:OANDA「ベーシックコース NYサーバー」では2016年10月よりご使用になれません。)
・自動売買がONになっている必要があります。

スクリプトのインストール方法                   

スクリプト起動前の確認                      

Rectangle(長方形)描画ツールの表示方法             

パラメータについて                        

*XMマイクロ口座をお使いの方
パラメーター「Account_Type」を「micro」に設定してください。

*現在リスク上限を設定していません。極端にリスクをとることはおすすめしません。
 また、入力ミスなどのオペレーションミスにはくれぐれもご注意ください。

クリプト使用例①(売りの場合)                 

ライセンスについて

スクリプトの使用期限は1年間となります。
購入月から12ヶ月間有効です。

例)2018年7月に購入されますと2019年8月末まで使用可能となります。
7月1日に購入されても7月30日に購入されましても、翌年の8月末まで有効となります。
それ以降は画面左上に「期限切れのため、スクリプトは起動されません」とエラー表示され、
使用できなくなります。

注文ができない

原因① ライセンスの期限が切れている・・・新たにライセンスを購入する必要があります
原因② ストップが未入力・・・ストップ価格を正しく入力してください
・・・水平線の名前を「SL」に変更してあるか確認してください
原因③描画ツールが重複して描画されている・・・1つのチャートに水平線「SL」が二つ以上描画されていたり、長方形(Rectangle)が二つ以上描画されていますと誤動作の原因となります。一つのチャートで通貨ペアを切り替えてご使用になる場合は注意してください。注文後は毎回描画ツールを削除することをおすすめします。

注文が途中で止まってしまう

原因④証拠金が不足している・・・ストップまでの値幅が大きく、指値の範囲が広く、指値本数が多い時、証拠金が不足している可能性があります。証拠金を入金するか、ストップ幅を小さくする、指値の範囲を狭く、指値本数を少なくすることで動作します。

原因⑤ 最低pipsによるもの・・・FX業者ごとに最低pipsというものが設定されています。
現在価格、ストップ価格、リミット価格とがそれぞれ近すぎるオーダーは通りません。
これはMT4の仕様なので仕方ありません。最低pipsについてはFX業者にお問い合わせください。

 

FX 通貨HeatMap Excelシートについて

重要

*MT4の気配値表示からデータを読み取っています。
通貨ペアの後ろの文字を確認してください。

通貨ペアの後ろに何も表示がない、もしくは「-a01」「-cd」「micro」に対応しています。

例)

  • USDJPY→○   通貨ペアの後ろに何も表示がないFX会社に対応しています
  • USDJPY-a01→○ OANDAベーシックコースに対応しています
  • USDJPY-cd→○  FXTFに対応しています
  • USDJPYmicro→○ XM マイクロ口座に対応しています
  • それ以外の文字には対応していませんのでご注意ください